韓国 カジノ トラブル

韓国 カジノ トラブル

「それじゃあ私はちょっと出掛けてくるね」「1人でか?」 ジンライが問いかけ、その裏で直樹とティアラが腰を浮かしかけている

2人はついて行きたいようだったが風音は「1人でだよ」とジンライに返したことで両者とも浮いていた尻が沈んだ

 普段であればティアラと一緒に出掛けるのも問題はないのだが、今回は情報収集を目的としている

あなたも好きかも:パチンコ ダムズグループ
前日にジンライと冒険者ギルド隣接酒場で面通しはしているがそう言う場にティアラを連れて行くのはためらわれた

直樹も論外だ

風音が男と話しかけていると妙にそわそわしくなる

「そんじゃあ、行ってきます」 そう言って風音は部屋から出ていった

◎冒険者ギルド隣接酒場 宿を出て一時間後、風音は冒険者ギルドに隣接している酒場に来ていた

「それはひどいねえ」 風音は出されたレモネードを飲みながら横にいる男に話しかけている

すでに12件だぜ

あなたも好きかも:パチンコ 当たったらやめる
殺しがあったのは」 風音が話しかけている男の名はブリックという情報屋だった

さきほどからここらでちょこまかと話を交わしていた風音を捕まえてカウンターに誘ったのが彼である

あなたも好きかも:og パチンコ
「それが全員大会参加者

しかも負け組の独り者と来てるわけだ

なんの関連もねえわきゃねえよな」 ブリックはそういいながら冷やし果汁を口にする

 ブリックが風音のことを知っていたこともあり、風音は子供扱いこそされなかったが、その馴れ馴れしい態度には若干引き気味でもあった

だが、それを差し引いてもこの男の話す内容は非常に興味深いもので風音も席を立つことはなかった