パチンコ 先読み予告とは

パチンコ 先読み予告とは

それが正しいかどうかを確かめる意味でも文による魔術的索敵を行ったほうがいいだろう

これで万が一本当に一般人だったらいろいろと目も当てられない

「明日魔術で索敵やってくれないか?相手が本当に術師なのかどうかも確認しておきたいし」「いいけど・・・まぁあんたの近くにいる術師を探し出すことができればいいんだし・・・難しくはないだろうけど・・・」「ないだろうけど・・・なんだ?なんか不安要素でもあるのか?」「ん・・・相手も対策してるだろうし何よりそんなにあんたの近くにいるならこの前見た時に気付きそうなものだと思ってね・・・」そう言えば文は今日の休み時間にしっかりと康太の周囲を観察していたんだったなと思い出す

何時もその場にいたわけではないだろうが康太が視線を感じている時間も文はその周囲をさりげなく観察していた

あなたも好きかも:30代 パチンコ バイト
それなのに見つけることができなかったという事はそれなり以上に隠れるのが上手いか、あるいは文のことを認識したうえで康太のことを見続けていた可能性がある

あなたも好きかも:パチンコ ひぐらし 廻 羽入
そこまで警戒している相手に対して魔術の索敵で発見できるかという不安があるのだ

もちろんやって損のあることではないだろうが見つけたら見つけたでいろいろと面倒なことになりそうな気配がプンプンするのである

「一応念押ししておくけど、今回に関してはもしあんたが戦闘することになっても基本私は傍観してるからね?」「わかってるよ

あなたも好きかも:ラン スロット kmf
今回標的にされてるのは俺だけだからな

探すの手伝ってくれてるだけで十分有難いって」康太としては無理に巻き込むつもりはなかったようで文は僅かに安堵する

実際一緒に戦ってもよかったのだが戦う事が正式な話になった時自分は強制的に蚊帳の外にはじき出されてしまうだろう

康太はあらかじめ一人で戦うくらいのつもりでいたほうがいい、そう考えたのだ

もしかしたら他の魔術師による妨害だってあり得る

そうなった時康太が満足に戦えるだけの条件を整えるのが自分の役割だと文は割り切っていた

「でもさ、実際もし今回あんたのことを追い回してるのがただの一般人だったらどうするわけ?」「おい、ほぼその可能性はないって話になったんじゃなかったのかよ?」「まぁ万が一くらいはありそうじゃない?で?実際どうなのよ」「どうなのよって・・・それが女子ならうれしいわな、しかも可愛いならなおのことテンション上がるわ」何て露骨なやつと文は呆れているがそれが男子として当たり前であるという事はなんとなくわかっているようだった

そして康太が自分に対して嘘や見栄で返答を変えないというところもある意味好感が持てる