スロット バジリスク絆2 スルー

スロット バジリスク絆2 スルー

あなたも好きかも:バカラ キャンドルホルダー
そんな怪物がセツナの下僕となったのだ

不思議なこととしか言い様がないのだが、かといって喜ぶしかないのもまた、事実だ

「いずれにせよ、セツナ様の元には多大な力が集っている

《獅子の尾》だけでも十分すぎるくらいの戦力となった、ということだ」「なるほど、だから参謀が必要なんですね」「だからといって、どうしてエイン室長なんですか」 アレグリアがめずらしく不服を口にしたのは、彼女もまた、セツナという人材に並々ならぬ感心があるからにほかならない

彼をどのように運用すれば最も効率よくてき戦力を殲滅できるか

彼ほどの戦力を余すところ無く使うにはどうすればよいのか

アレグリアを含め、参謀局の人間は、そんなことをよく考えた

あなたも好きかも:パチンコ セイントセイヤ 星の運命 甘
セツナほど研究材料にうってつけの人材はいないのだ

もっとも、アレグリアとエインがセツナに関心を抱いているのは、ふたりが参謀局の人間だからということでもなさそうではあったが

「以前も説明した通り、そこは得手不得手の問題だ」 ナーレスは、アレグリアの目を見て、告げた

「君は防戦に長けている

セツナ様率いる《獅子の尾》は極めて攻撃的な部隊だ