ブラックジャック 同じ数字

ブラックジャック 同じ数字

 それに対し、ローウェンは顔をしかめる

「またか、おまえは

あなたも好きかも:パチンコ はまり 返金
おまえがどうしてもって言うから、組んでやってるんだぞ

あなたも好きかも:big query スロット
変なことをしたら、パーティーから追い出すからな」「……えっと、リーパーとローウェンは『舞闘大会』の最終予選だっけ?」 僕は確認を取る

 この数日の間で、ローウェンは『舞闘大会』の予選をこなしていった

当然、危なげもなく最終予選まで残留している

 ただ、不安なのがローウェンのパーティーにリーパーが入っているという点だ

 どうやら、リーパーはローウェンと一緒に『舞闘大会』へ出るらしい

ローウェンが何かの事故で死ぬと困るから近くにいたいと彼女は言っているが、その真意はわからない

「ああ、軽くこなしてこよう

あなたも好きかも:ダクソ3 集中 スロット
リーパーは私が面倒を見てるから、カナミは気にせず仕事をこなしてくれ」「リーパーも最終予選に連れて行くつもりみたいだけど、大丈夫?」「リーパーなら、そんじょそこらの猛者が相手でも問題ないだろう

怪我すらしないと思うぞ

それに、もしリーパーが怪我しそうになったら、私が間に入るつもりだ」「いや、僕は他の参加者さんたちを心配してるわけで……」「あ、ああ

そっちか……

そっちも心配してなくていい

リーパーがやりすぎそうになったら、そのときも私が間に入る」 この数日で、ローウェンのリーパーへの甘やかしっぷりが加速している気がする

 もはや、ローウェンはリーパーを『死神』とも『呪い』とも見ていないだろう