スロット ベルシティ

スロット ベルシティ

 森の中は暗かった

まだまだ早朝で、日は高く昇っていないのが理由だ

 ヒンヤリとして土の匂いがする森の中は少しだけ怪しい雰囲気があった

 手早く支度してから飛行島を飛び降りる

あなたも好きかも:パチスロ 有名ライター
「いでよ

スライフ」 そして、強めに腕をふるって黄昏の者スライフを呼び出す

あなたも好きかも:牙狼 スロット フリーズ確率
 いつも通り、今やオレの何倍も大きくゴツイ悪魔っぽい姿のスライフが現れた

「準備ができたか……いや、森の中だな」 スライフはグルリと辺りを見回して言った

あなたも好きかも:スロット 禁煙化
「ちょっと予定通りに行かなくてね

アーハガルタまで運んで欲しいんだけど

昼までには着くよな?」「問題無い

急がなくても十分間に合う距離だ」 のんびり進んでも魔神復活前にアーハガルタにはたどり着くらしい

 そして、スライフに背に乗るようにいわれて背中に飛び乗る

 背中には足をおく場所に、玄関やタンスの取っ手に似たコの字型の掴む場所まで用意されてあった

「至れり尽くせりだ」「我が輩にとって、体を変形するのは容易い