パチスロ art 譲る

パチスロ art 譲る

錬金術の本を参考にしたけれど、このクレイトンも、あの本を参考にしたのか、もしくは、執筆に参加していたのでは……

あなたも好きかも:葉梨康弘 パチンコ
「興味がありますね

あなたも好きかも:化物語 スロット 中段チェリー
大賢者、大魔術師の誉れも高いクレイトン・スピリアット

ここで消滅させるには惜しい」《随分と大上段に構えたな

貴様は何者だ?》 クレイトンはそんな風に言った

生殺与奪権を握られているのは理解しているみたい

実際問題、この場所で私を排除しようとすることは、無防備な『本体』とやらも破壊に巻き込んでしまうから

私を宥めて立ち去ってもらうのが有効だとして、下手に出ていると思われた

「私は単なる西迷宮の管理者ですよ」《西迷宮の管理者? 情報にあったホムンクルス量産型の特異個体? 何故この時期に攻めてきた? ネイハムからの連絡はどうした? 攻め入る準備をしていたのに無駄になった!》 まるで複数人と会話してるみたい

あなたも好きかも:ハーデス スロット 朝一
相手は魔導コンピュータみたいなものなのに、混乱が見て取れるのが面白い

「何故攻めてきたのかというと、それはバンガースが食べたくなったからです」《バンガース? ソーセージ? 豚の腸詰め? 安物のバンガース? 食べたい! 肉汁が! 食べられないこの身が恨めしい!》 うん、話に脈絡がなかったから混乱しているね

もっと混乱させてみよう

「屁の突っ張りはいらんですよ」《屁! 何故突っ張る! 欲しい! いらない!》「バスガス爆発、隣の客は良く柿食う客だ、新シャア少佐新春シャンソンショー、魔術師中枢集中手術中取捨選択獅子身中汁咀嚼試食中」《バス……………シャア……………》 よし黙った

 私は無慈悲に魔導コンピュータとクレイトンの接続を切る

《ししょ……》 クレイトンのシステムはミスリル銀板の積層を使っていたから非常用バッテリーがあるようなもの